読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

" "

世界を切り分けたのは私なのだから、「私」という言葉も私が切り出してきたものの一つであるに違いない。そしてそれゆえにこの「私」という語の用法は、"私"を直接指差しているとは言いきれない。むしろそれは私のほうに対応するものである。 私は一個の現象…