読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

水滴のこと

鬱蒼と樹木が生い茂る原始林の奥深く 重なりあう葉葉が音を散らし しんとした靄が奥行きを不透明にしている 辺りを見回せば樹樹に続く樹樹 それらのうちに同じものは一つとしてないはずなのに すべてが一つの繰り返しであるような気もする パターン なにかを…