読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

帰ってこない人達

・朝専用缶コーヒーを夕方に飲んだ父が・午後の紅茶を朝飲んだアイツが・トイザらスのらがひらがなである理由を確かめに行った彼が・あの木が何の木なのか気になって調査に行った友達が・クラムボンの正体を知ってしまった彼女が・セクシーコマンドーの本編…

冒頭

ある朝、グレーゴル・ザムザがなにか気がかりな夢から目を覚ますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見したが、彼にはかつて虫であった記憶があり、家人も同様であったため、ことさら何か起こるということもなかった。 恥の多い生涯を送…