Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

 僕の歩みは僕の望まない方向に進んでいる。きっと良くないことが起こるだろうと直感している。その時、僕はそれを良くないことだと認識できるだろうか。