読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

冒頭

co-neta

 ある朝、グレーゴル・ザムザがなにか気がかりな夢から目を覚ますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見したが、彼にはかつて虫であった記憶があり、家人も同様であったため、ことさら何か起こるということもなかった。

 恥の多い生涯を送って来ました☆(ゝω・)vキャピ

 吾輩は猫である。名前はまだ無い。 どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でもラジウムにガイガー管、青酸ガス発生器の入った箱のなかででニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて死んでいる我輩というものを見た。

 国境の長いトンネルを抜けるとまたトンネルであった。

 メロスは憤死した。

 遠い昔、遙か彼方の銀河系で、おじいさんとおばあさんが。

 成立している事柄が早退した。