読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

0824

 自動車学校にゆきました。三時間連続で学科を受けたので疲れた。小学生並みの集中力です。ただまあいい加減に教習所語に慣れてきて、ときおり出題される引っ掛け問題に間違えることがほとんどなくなったのは進歩だと思います(退化かもしれない)。思い返せば僕は昔からメタ的な情報をもとに問題を解くのが得意でした。ある枠組みでのみ通用するちょっとしたズル。本質を無視しツボばかりを見抜く眼。そういうことばかりやっていたから、こうなってしまったのかもしれない。