読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

Intermission

小噺

「君の負けだ」老人は言った。
「無意味の意味が定義されてしまった。矛盾の用法が整備された。真理への道は閉ざされたのだ。それでも君は進もうっていうのかい?」
 少女は答える。
「ええ、これはそういうお話だもの」