Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

1209

 二十億光年さきの行き止まりを見て、歩くのをやめてしまったのが僕です。