Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

1027

 暗い情動を鍵盤にぶつけてもピアノが鳴らすのはいつもと変わらない音で。そのことに安心すればよいのか無力感を覚えればよいのか、僕にはまだわからない。