Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

哲学探究を読む(7)

 第8節では第2節の言語が拡張される。追加される語は数詞 a, b, c, …… および「そこへ」「これ」である。また助手には一冊の色彩標本が渡される。など。すると「d―石板―そこへ」や「これ―そこへ」などの文が言えるようになる。

 続く第9節では、第8節の言語を子供を学ぶ過程が考察される。まず数詞についてだが、子供が数詞・あるいは数えることをどのように学ぶのかについては、ウィトゲンシュタインは決定的なことは述べていないように思える。ただし、最初の5,6個の数については、数えることとは独立に、直観的に把握可能なものの集まりとして直示的に教えられる、と彼は言っているように読める。

 うーん、、、「直示的教示」という概念に対してウィトゲンシュタインがどのような判断を下しているのか、あまり理解できている自信がない。そもそもこの段階では、彼は何らかの判断を下すことを避けているのかもしれない。たんに問いを準備しているだけで。いちおう、直示的教示と呼ばれるようなやり方が、語の慣用を子供に教えるうえで役に立つ、ということ自体は、ウィトゲンシュタインは認めているように読める。しかし直後に彼は次のように書いている。

 「そこへ」および「これ」も直示的に教示されるのだろうか。――ひとがどのようにしてこれらの語の慣用を教えうるのか、思い描いてみよ。そのとき、場所やものが指示されるであろう、――しかし、その場合、この指示は、語の慣用に際しても行われるのであって、そうした慣用の学習に際してだけ行われるのではない。

 「そこへ」の教育について言えば「直示的教示」はある意味で余計な概念である。なぜならここでは教育と慣用が一致しているから。つまり、直示的教示はある場面では役に立つかもしれないが、言語において不可欠のものではない。ということを言おうとしているのだろうか?


 どうも今日は頭の回転が鈍っており、一度に把握できる文章・論理展開の総量が著しく減少しているのを感じる。覚醒のためのいくつかの技法も功を奏さない。自分の頭はもう二度と晴れることはないのではないか、と不安になるが、過去にも同じことを何度も思ったし、その度にまた意識のはっきりするときは訪れたのだから、信じて休むことにしよう。次の第10節はかなり読みづらい。はやく明晰さを取り戻したい。

哲学探究を読む(6)

 いまさらだが1節ずつ読んでいく方式だとその都度意識が寸断され議論の全体像を追いづらくなってしまう。この辺で一度流れを整理しておくことにする。

 まずアウグスティヌス的な言語観が提示される。この言語観においては、言語とは意思疎通の一つのシステムであり、語の意味はその指示対象によって与えられ、話者はそれらの語を並べることによって意思を表現する。この言語観はウィトゲンシュタインに言わせれば「あまりにも単純な言語のとらえかた」ではあるが、人間の言語にたいする原初的な観念のうちにいまだに安住している。そこで(ウィトゲンシュタインは自分の意図を明示していないのでこれは想像だが)この言語観と対決するために、アウグスティヌス的言語観が成立するような言語のサブセット(第2節の言語)を提示する。これは、われわれの言語のひとつの原初的形態とみなすことができ、とくに子供が言葉を学ぶときには、このような形態が現れるという。

 ――ちょっと混乱してきた。第2節の言語は、アウグスティヌスの記述に当てはまるものとして導入されているが、しかし第2節には「「石板」が石板を指示している」とは書かれていない。「石板」はBに石板をもっていかせるという機能を果たすということだけが書かれている。という意味では、アウグスティヌスの言語観を反映した言語ではない、気がする。――ああ、理解できたかもしれない。つまりこれは、アウグスティヌスの記述が説明として間違いではないような言語の例なのだ。もしアウグスティヌスの記述を「反映」したような言語が存在するとすれば、「「石板」が石板を指示している」という表現に対応する《事実》が存在せねばならない。だがわれわれに《事実》そのものなど見ることはできず、あくまで観察された事態に対する「説明」があり、その説明が妥当するかしないかという(人間的)判断があるのに過ぎないのである。まとめるとこうなる。第2節の言語は、(外から見る限り)しかじかの機能を持っている。こうした機能が実現されている背景として、語と対象の対応が存在するというアウグスティヌスの説明は、間違ったものではない。そういう言語として第2節の言語が用意されているのである。――うーん、なんか間違っているような気もする?

 第5,6節では、第2節の言語を子供が学ぶときのことが考察される。第2節の言語がそこで用いられている全言語であるような社会を考える(そのような社会を想像することはできる)。そこでは、第2節の言語を「説明」することはできないから、子供たちは(そのような活動を行い、その際そのような語を用い、そのようにして他人の言葉に反応するよう)「訓練」されることになる。訓練にはさまざまな仕方がありうるが、ひとつは、アウグスティヌスの記述にあるような、対象を「名ざす」ことによって語と対象の間に連想的結びつきを形成するという方法であり、これをウィトゲンシュタインは「直示的教示」と呼んでいる。アウグスティヌス的には、この連想的結びつきが語の「意味」ということになる。ところで、第2節の言語において叫び「石板!」のはたすべき役割は、助手Bが建築家Aに石板を手渡すという事態を生じさせることであった。この実現のためには、単に「石板」と石板の間に連想的結びつきを形成するだけでは不十分であり、さらに別の訓練を要することは明らかだろう。また裏を返せば、そうした連想を持たない者であっても、その叫びにたいしてしかじかのふるまいをする者は、その叫びを「理解」しているといえるのではないか(彼にとっては「石板!」はわれわれの言語における「石板を持ってこい」に相当するかもしれない)。こうした考察が明らかにするのは、語と対象の対応という観念は、第2節のような単純な例であっても、言語の働きをうまく説明しない、ということである。と思う。少なくとも第2節の言語を彼が理解したというためには、実際にその叫びに応じて材料をもっていくということができなければならない。それは「心の中に像が浮かぶ」だけでは不可能である。


 さて、続く第7節。

 第2節の言語を実際に用いるとき、一方の側は語を叫び、他方はその語に従って行為する。しかし、言語の教育に際しては、次のような過程が見られるであろう。教わる者が対象を名ざすということ、すなわち、教師が石を指し示すなら、〔それを名ざす〕語を発音するということである。――さらに、この場合、教師があらかじめ言った語を、そのまま生徒があとから発音するといった、もっと簡単な練習もあることだろう――この双方ともに言語に似た出来事である。

 似た出来事である、というのはつまり、これらが語の目的であるような場合も考えられる、ということであろうと思う。

 われわれはまた、第2節における語の慣用の全過程を、子供がそれを介して自分の母国語を学びとるゲームの一つだ、と考えることができよう。わたくしは、こうしたゲームを「言語ゲーム」と呼び、ある原初的な言語をしばしば言語ゲームとして語ることにする。

 自分の母国語というのは第2節の言語ではなく、われわれが普段使いしている言語のことである。ここではじめて有名な「言語ゲーム」が登場するが、この時点ではこの用語はあくまで、子供が言葉を学ぶときに用いる言語の原初的適用法(第5節)を指している。

 すると、石を名ざしたり、あらかじめ言われた語をあとから発音するような過程もまた、言語ゲームと呼ぶことができるだろう。

 第2節の言語を学ぶうえでは、これらもまた「言語ゲーム」でありうるということを言っている。つまり「言語」と「言語ゲーム」の関係はいくらでもスライドさせうるのであって、逆方向に向かえば、われわれの言語全体もまた「言語ゲーム」と呼ばれうるかもしれない、ということがここで示唆されている。

わたくしはまた、言語と言語の織り込まれた諸活動との総体をも言語ゲームと呼ぶだろう。

  つまり身振りや手振り、マナー、突き詰めれば、われわれの生活の全体が、言語ゲームに含まれる。

哲学探究を読む(5)

 ここ数日の間に決めねばらならないことがいくつかあり、その決断に精神のリソースを消費してしまっていた。だいぶ時間があいてしまったが、第6節。

 言語獲得以前の子供は、言葉を理解しないので、言葉による説明を介して言葉を学ぶということはもちろんできない。だから、言語獲得の少なくとも初期段階は、「訓練」を通じて行われる。訓練にはさまざまな形態がありうる。たとえば「教える者が諸対象を指さして、子供の注意をそれらのものへ向け、それとともに何か語を発すること」は一種の訓練といえるだろう。ウィトゲンシュタインはこれを「語の直示的教示」と呼ぶ。この用語は言語獲得の訓練的性格を強調する点で「直示的定義」と対になっている。言葉の全体が与えられていない限り「定義」や「説明」は不可能なのである。この話題については『青色本』の冒頭でも考察されていた気がする。

 訓練によってなにが生じるか。第1回で僕が述べたようなことが子供の脳内で生じているのかもしれないし、まったく別のメカニズムが機能しているのかもしれない。しかしまあ、言葉と、その言葉が発される状況(その時点では《対象》はまだ与えられていないかもしれないことを指摘しておく)との間に、なんらかの連想的結びつきをつくり出している、ということは認めてよいと思われる。その結びつきとはたとえば、「子供が語を聞くと、ものの映像がその子の心に浮かび上がってくる」ということかもしれない。じっさい、僕も「猫!」という語を聞けば、頭のなかに猫のイメージが浮かんだりする。そういうことがあるので、言葉の意味と「表象」とを同一視するような傾向が、人々のうちに生じるのである。

 しかし、もし仮に言葉に表象を喚起する機能があるとして、それだけで言語の目的は果たされるのだろうか。逆に、たとえば「石板!」という叫びに応じて特定のふるまいをする者は、たとえそれを聞いて脳裏に石板を思い浮かべることがなくとも、その叫びを理解しているといえるのではないか。もちろん語によって呼び起される表象が、そうした理解の助けになっていることはあるのかもしれない。しかし表象があるだけでは、彼は石板を手渡すことはできない。叫びに応じて適切な材料を手渡していくためには、一定の教育を受ける必要があるのであって、異なる教育を受ければ、同じ直示的教示を受け、語に対し同じ表象を思い浮かべる者であっても、まったく異なった理解が生じるだろう。

 ほとんど第6節の内容を書き写してしまった。人に読まれうる場所に書いているという意識が、本文の内容を過剰に説明させてしまうようだ。しかしまあ、知らずのうちに内容を読み飛ばすということは起こりにくいはずで、これはこれでいいかもしれない。あとはもう少し、本文と対話するような内容を書いていけるといい。

 この節におけるウィトゲンシュタインの意図はおそらく、表象へと向きがちな読者の視線を、それ以外のもの、たとえば「石板!」に応じた特定のふるまいなど、へと拡げること、それによって言語の全体性を意識させることにある、と思う。或るものが或るものであるということ自体、それ以外のものとの関係があって初めて成り立つのであって、その意味では、表象と語の結びつきもまた、その全体性のなかにあってこそ意味を持つ。というとちょっと言い過ぎだろうか。

 「わたくしはロッドをレバーに結びつけて、ブレーキを修繕する。」――もちろん、そのためには、ほかの全機構が与えられていなくてはならない。それ〔との関係〕があってはじめてブレーキ・レバーはブレーキ・レバーになるのであって、その支えから切りはなされているなら、レバーですらなく、どのようなものでもありうるし、また何ものでもありえない。

 

哲学探究を読む(4)

 昨日よりは元気になったとはいえ、頭の働きが鈍っている。思考がなかなか形を成さない。こういうときは、意識的に一度頭を真空状態にしてしまうのがよいことを知っている。気圧差に導かれて、空っぽになった頭の中にぽつぽつと考えがわいてくる。これをゆっくりと凝集させていく。

 文章を読むと、その内容に思考を支配され、ただなんとなく納得させられてしまう、という事態にしばしば陥る。しかしその納得は、普段の自分の考えがその文章によって追い出されてしまったことによる幻想なのであって、我に返れば消えてしまうようなものである。これを避けるためには、文章を読みながらも、通常の自分を維持しつつ、ときに文章の言わんとするところと言葉の刃を交えねばならない。文章と切り結ぶことによってはじめて、その内容は持続性のある輪郭をもつのだ。これが「批判的に読む」という表現の意味であると僕は思う。


 第5節。短いので全文引用する。

 第1節の例を考察してみると、ひとは、おそらく、語の意味という一般的な概念が、どれほど言語の働きを煙霧で包み込み、明瞭にものごとを見ることを不可能にするか、を予感するであろう。――もしわれわれが言語という現象を、原初的なその適用法にそくして研究し、その適用例において語の目的とはたらきを明瞭に見渡すことができるのであれば、そうした煙霧は霧散する。

 言語のそのような原初的諸形態を、子供は、話すことを学ぶときに用いる。その場合、言語を教えるということは、それを説明することではなくて、訓練するということなのである。

 ウィトゲンシュタインは「意味」という表現を、われわれを哲学的混乱に導く元凶のひとつとみなしている。その理由は、僕の記憶が正しければ、これから繰り返し語られることになるだろう。

 たとえば第2節で導入された言語のはたらきについては、とくに疑問の余地はないように思われる。建築家Aの呼びかけに応じて、助手Bは材料を渡す。この営みは、現在では完全に機械化することができる。機械建築家Aの発した音声は、機械助手Bのマイクに入力され、たとえば短時間フーリエ変換により特徴量化されて分類され、対応する材料がコンベアで運ばれる。似たようなことが人間の頭の中で起こっていたとして不思議ではない(もちろん起こっていないかもしれない)。この経過の中に、混乱の生じる余地は基本的にはない、と思われる。第1節の繰り返しになるが、重要なのは、この例において言葉の「意味」は問題になっていない、ということだ。言語の目的と働きは明らかであり、それ以上でも以下でもなかった。

 第2節の言語の語彙(「台石」「石板」など)は、われわれの言語の中では様々な用法や意味を持っている。しかし、第2節の言語における用法が、これらの言語の原初的な適用例のひとつであることは認めてもよいように思われる。つまり「石板」という言葉は、このような目的で使われる場合が確かにある、ということだ。ここで「石板」の原初的形態は第2節の言語のみである、とウィトゲンシュタインが主張しているわけではないことには、注意が必要である。あくまでも、「石板」という語のある側面の原初的形態が第2節の言語なのであり、その限りでは「石板」という語のはたらきは明瞭である、というのが、ウィトゲンシュタインの述べていることである。

 つまりウィトゲンシュタインの戦略はこうである。漠然と語の意味を考えてもわれわれは混乱に導かれるだけである。そこで、その語の原初的諸形態がどのようなものであるかを調べてみよう。そうすれば混乱は霧散するはずである。

 最後に、言語の原初的形態が、子供の言語習得にさいして現れることを指摘している。言葉を知らない子供に対して、言葉を用いて言葉を教えることはできない。したがって、ここで行われるのは、説明ではなく「訓練」である、ということになる。余談だが、この辺の洞察はおそらく、小学校教師時代に培われたものであろうと思っている。彼は、子供が言葉を獲得してゆく過程を見たのだ。

哲学探究を読む(3)

 どうも今日は一日中体調が悪かった。全身の神経がひりついている感じ。それはさておき第3節。

 前節では、一つの小さな言語が提示され、これを「完全で原初的な言語」と考えてみよう、という提言で終わっていた。だが、ここで注意しておかねばならないことがある。われわれが本来考えたいのは、われわれが普段使いしているほうの言語についてなのであって、前節で提示された言語についてではない。したがって、この小言語を例に挙げての考察に意味があるのは、この小言語とわれわれの自然言語とのあいだにある種の連続性が成り立っている場合のみであるように思われる。ウィトゲンシュタイン自身、以下のように書いている。

  アウグスティヌスの記述しているのは、意思疎通の一つのシステムである、と言うことができよう。ただ、われわれが言語と呼んでいるもののすべてが、このシステムであるわけではない。そして、このことをわれわれは、「この表現は適切であるか、適切でないか」という問いの生ずるきわめて多くの場合に、強調しなくてはならない。そのとき、答えは、「しかり、適切である。しかし、この狭く限られた領域についてだけ適切なのであって、あなたが表現していると称する全体についてではない。」ということである。

 相変わらず体調が悪く、まともにものを考えられる状態にはない。続きは明日にする。


 明日と書いたが不調が続いたため2日後になってしまった。

 先に「この小言語を例に挙げての考察に意味があるのは、この小言語とわれわれの自然言語とのあいだにある種の連続性が成り立っている場合のみであるように思われる」などと書いたが、ある程度元気になった頭で考えてみると、これはウィトゲンシュタインの考えとはおそらく異なる。が、このことを論じるためにはさらに先を読み進める必要があるだろう。

 第3節と続く第4節で述べられていることをさしあたりまとめてしまうと、「アウグスティヌスの言語観はあまりに単純であるが、しかし領域を限定することによって正すことができる。このように、説明(表現)は特定の領域でのみ妥当する場合がある、ということをつねに強調せねばならない」という感じになるだろうか。こう書いてみると当たり前のことを述べているだけのように思える。なにか見落としがあるのだろうか。どうもこの節の位置づけをうまく理解できていない感覚はある、ので後で誤解が明らかになるかもしれない。とりあえず先へ進もう。


 そういえば、第1回で書いた「読書筋」の話題にブログで言及してくれている人がいた。ちょっと嬉しかったので補足しておくと、「書いてあることを書いてあるままに読む」というのは、突き詰めれば、そこに書かれている文字列が有意味であるということを前提したうえで、それが成立する諸条件を探求することである。似たようなことを以前ここ*1に書いている。

哲学探究を読む(2)

 早起き――といっても8時起床だけれど――に成功した。残念ながらすがすがしい目覚めとはいかなかったけれども。


 というわけで第2節

 意味という、かの哲学的な概念は、言語の働きかたに関する一つの原初的な観念のうちに安住している。しかし、それはわれわれの言語よりももっと原初的な言語の観念だとも言えるのである。

 ぱっと見て「しかし」の浮いている感じのする文章である。「一つの原初的な観念」はアウグスティヌスの言語観だろう。そのなかに「安住している」というのは、人はそれを聞いて「意味」の説明としてさしあたり満足する、ということだ。ウィトゲンシュタインからすれば、それは原初的な言語観だが、「しかし」見方を変えれば、この言語観は、より「原初的な言語」の言語観としてはそれなりに妥当しうる、というのがこの文章の趣旨である。その証拠に、第2節は「アウグスティヌスが与えているような記述のあてはまる、一つの言語を考えてみよう」と続いていく。

 ところでオンライン版の訳を見てみると、「安住している」は「由来している」と訳されていた。原文は „Jener philosophische Begriff der Bedeutung ist in einer primitiven Vorstellung von der Art und Weise, wie die Sprache funktioniert, zu Hause.“ で、特に由来している感じはしないし、末尾の „zu Hause“ のニュアンス的にも全集はうまく訳されているんじゃないかなという感じがする。僕はドイツ語はてんで駄目なのでこの感覚もあまり信用できないけど。あー、しかもオンライン版は「その場合」という、原文に存在しない表現を加えてしまっているようだ。僕自身が一瞬混乱したように「しかし」の意味を取り損ねたのかな、と思う。こうして見てみると、想定していた以上に内容的な間違いが多いようで、訳者さんには申し訳ないが、混乱を避けるためにもオンライン版へのリンクはやめることにする。

 さて続いて、建築家Aとその助手Bが建築作業時の意思疎通にもちいる一つの言語が導入される。重要なのはたぶん「これを完全で原初的な言語と考えよ」という最後の指摘。普通に考えれば、この言語は、われわれの日常言語からすれば機能に欠けた欠陥言語である。だが、ウィトゲンシュタインはこれを「完全」な言語と考えてみよう、という。それは言い換えれば、この言語が完全であるような生き様を考えることである。というと、これは不適切な(自分の過去の記憶に基づく)内容の先取りであるかもしれない。とりあえず先へ進もうと思う。


 今日は2,3,4節と読むつもりだったが、訳の検討に時間と体力を使ってしまった。労働はフレックス制なのでもう少し続けてもよいのだが、とりあえずここまでにする。

哲学探究を読む(1)

 最近めっきり衰えてしまった読書筋を鍛えなおすために、『哲学探究』を再読して読書記録を書いていくことにした。読書筋とは書いてあることを書いてあるままに読もうとするさいに使われる筋肉のことである。これが衰えるとどうなるかというと、何を読んでも自分の知っていることしかそこから読み取れなくなる。果ては世界のすべてが既知であるような錯覚にとらわれ、周囲にあふれる宇宙の神秘を素通りしたまま短い命を燃やし尽くすことになる。それは我慢ならない。
 なぜ哲学探究かといえば、これが自分にとって最も思い入れの深い本だからである。思い入れの薄い文章を本気で読むだけの熱量は自分にはない。またこれは唯一自分がある程度以上の読解に到達した(と感じられた)本でもある。それが嘘でなかったことを確かめたいという気持ちもある。
 僕は和訳として全集8巻を利用するけれど、もしかすると存在するかもしれない奇特な読者のために、オンラインで公開されている和訳*1へのリンクを貼っておくことにする。翻訳の質をよく知らないが、ウィトゲンシュタインの文章はそれほどレトリカルではないので、だいたいの意味が取れれば議論の道筋は追える、と思う。


 第1節。アウグスティヌス『告白』が引用されている。これは「言葉の意味とはその指示対象である」という言語観のひとつの例示である。アウグスティヌスの説明によれば、人は、年長者の言葉(音声・文字)とその身振りが指し示すものを対応付けることによって、それが対象の名であることを知る。ところで、これが可能であるためには、その身振りが何を意味しているのかあらかじめ知っていなければならない(実際アウグスティヌスは身振りを「あらゆるひとびとにそなわった自然な言語」と述べている)。これは少し奇妙なことに思えるが、例えば生物には生まれながらに走性などがあるという事実の延長として理解できないこともない、と思う。人間は痛みを避けるように設計されており、年長者は自分の身振りが想定される効能を上げない場合に年少者を殴るので、年少者は自然と身振りに対する正しい反応を身に着ける、という状況を想像することはできる。ニューラルネットもそのくらい学習する。つまりこの議論でいえば人間の報酬関数が「あらゆるひとびとにそなわった自然な言語」ということになる。

 考えが脇道に逸れすぎた。ウィトゲンシュタインの想定する順路を逸脱してしまった気がする。というか先走りすぎてしまったようだ。これは第6節の内容に少し関係する。

 ウィトゲンシュタインがここで問題にしたいのは、言葉(音声)の意味として、その対象を想定する必要が必ずしもあるだろうか、ということだ。そうではないことを明らかにするために、ウィトゲンシュタインは極めてアルゴリズミックに買い物をする使いのたとえ話をする。彼はウィトゲンシュタインに「赤いリンゴ5つ」という記号の書かれた紙を渡される。彼がその紙を商人のところへ持っていくと、商人は「リンゴ」という記号のついている引き出しをあけ、次いで目録の中から「赤い」という語を探して……という具合に、これまた機械的に赤いリンゴ5つを使いに渡す。このたとえ話において、ウィトゲンシュタインは、登場人物がそのように「ふるまうことができる」ことを仮定している。それがなぜ可能であるかは問題にしていない。そしてそのようにふるまうことができるという仮定の下では、「5つ」や「赤い」という語の意味(これらはともにその「指示対象」がなんであるか判然としない語である)はまったく問題になっていなかっただろう、というのが、ウィトゲンシュタインの主張するところである。という意味では、いま初めて腹落ちしたが、このたとえ話は一種の「強調」に過ぎない。使いと商人が極めて機械的にふるまうという設定は、この話の本質になんら関係していない。実際、一般に人は買い物にさいして、「5つ」や「赤い」やあるいは「リンゴ」が何を意味しているかほとんど意識していないのである。それでもなおわれわれは「赤いリンゴ5つ」を買って帰ることができる、ということが問題なのである。


 第2節まで読む予定だったが、思いのほか疲れてしまった。が、思っていた以上に楽しかった。明日は早起きして、労働開始前に読む時間を取りたい。と意気込んだせいで昨夜は入眠に失敗してしまったのだけれど。