Redundanz

僕の言葉は、人と話をするためにあるんじゃない。

1126

 世界の縁でランダムウォーク

 たとえばx>0という条件が与えられたときに「ああxは-1ではないんだな」と思うためには、単なる論理的思考とは別の飛躍――つまり「x=-1となることがあるか?」という問いを立てること――が必要になる。思考においてもっとも重要なステップがここにあると思う。たしかにx>0という条件は多くの情報を含んでいるのだが、そのままだと静的に過ぎて次の方向を指し示してはくれないのだ。ウィトゲンシュタインの言葉を借りるなら、そこには摩擦がない。だから人がその上を歩いていくためには、ルールからは導くことの出来ない恣意的な摩擦、偏り、個別化、静かな水面を波立たせる意志の力が必要になる。与えられた推論過程に納得するだけでは何もわかったことにならない。ルールは世界の限界を定めるだけで、世界の中でどのように歩いていけばよいかを教えてくれるわけではないのだ。僕らは決断を――つまり問いを立てることを――しなくてはならない。そして筋の良い問いを立てるには、特定の仕方で訓練されねばならない。その訓練は言葉の外側でなされる。もちろん問いの建て方をある程度言語的に定式化することは出来るだろう。それが知識を体系化するということである。けれどもその最終層においては、やはりなんらかの飛躍が必要になると思う。その飛躍は、思いつこうと思って思いつけるものでは決してない。それはわれわれの祈りに対して天が与える言語を超えた霊感である。そういうわけで、知性とは幸運を手繰り寄せる能力であると僕は思っている。グッドラック。

1119

 25歳になって2日が経ちましたがとくに変わりはありません。自分が生まれて四半世紀が経ったのだと思うとちょっと変な気がする。昨日の続きを毎日やり続けていただけなのにこんなに遠くへ来てしまった。
 ところで四半世紀っていうと4と2分の1世紀っぽくて毎回もにょります。あるいは16分の1世紀。

 知性とはなにかという問いは、知性という概念の統合性が砕け散り、知性がそれらの破片の単なる集積にすぎないことが明らかになったときに解決されたことになるだろう。知性はこの宇宙のすべてを理解しうるだけの十分な能力を備えた黄金のシステムなどではない。知性はただその能力の限りにおいて宇宙を構造化し利用可能にするための道具にすぎない。金魚から見た宇宙は、金魚の能力によって理解し尽くすことの出来る程度の構造しか持たない。人間にとっての宇宙もまたそのようなものである。宇宙に境界を引いてある系を切り出したとき、その系から見た外の世界の複雑さは、その系自身の複雑さを超えることはないのだ。その系がとることの出来る状態数が、その系から見た外の世界の状態数の上限である。われわれは金魚鉢の中に生きている。
 統計学者の渡辺先生が、「自然のエントロピーと情報のエントロピーは実は同じものだった」と書いていた*1が、先のように考えればこれは当然であるように思える。自然に構造を与えているのはわれわれの状態なのだから。そして自然と情報の等価性が示されつつあるということは、われわれの知性がその限界に達しつつあることを意味するのではないかと僕はぼんやり思っている。金魚鉢はもういっぱいなのかもしれない。

 〈本質〉への接近欲求を原動力としながら〈本質〉から自由になることによって人類は前進してきたのではないか。

*1:http://watanabe-www.math.dis.titech.ac.jp/users/swatanab/ibis20171110.pdf
この資料の結論の図が人類の墓標にしか見えない

1112

 思い出すたびに記憶が脚色されてゆく気がして、昔のことを想起するのが少し躊躇われるようになった。時間とともに変容してゆくくせに「これは客観的で恒久不変な過去の記録ですよ」みたいな顔してるからエピソード記憶は気に食わない。そんなものなくていいと思う。ただ過去のイヴェントを仄めかす微かな仕草が身体に残ってくれればそれで十分です。

1109

 なめらかな曲線のようだった文章が句読点を通るとそこでかくんと折れ曲がってしまう。そういうのを減らしていきたい。

 自分の心が敏捷性を失っているのを感じます。応答が遅いし、考えを掘り下げることもできない。現実の輪郭がぼんやりしていてそこはかとなく不安です。ちゃんと休まなきゃいけないのだけど、僕は意識的に休むのが苦手なのだった。いつまででも休んでていいって状況じゃないと本気で休息を取れない。帰りの日程を決めずに旅に出るとかしたい。

1105

 自分が見ているものが一体何であるのかを見るために私は努力してきた。(C.S.Peirce)

 コンピュータシミュレーションはつまるところ外挿である、ということにふと気がついた。われわれの認識の粒度においてほとんど確定的であるとみなせる事実をデータとしてモデルをつくり、データポイントの外側を推定する。推定精度が高ければシミュレーション結果は現実に近いものとなるだろうし、低ければモデルは修正を迫られるだろう。でこれはシミュレーションに限った話ではなくて、われわれの科学的営み全体に言えることであると思う。仮説演繹法というのはそういう話だ。と書くとひどく自明なことを言ったように思えてくるのだけれど、ここで主張したいのは、ええとなんと言えばいいのかな、この推定プロセスにおいてモデルが〈現実〉と一致するかどうかはそもそも問題にならない、ということだ。真の分布なんて計算できなくてもいいってこと。うーん、うまく言えていない気がする。そもそもこれは僕の認知枠組みに生じたちょっとしたインパルスの話であって結局感情の問題にすぎないのである。にゃお。しかしそういう視点から人類の知的営み全体の汎化誤差みたいなものを計算してみようとした人っているんだろうか。ねえ、僕らの心はどのくらい宇宙そのものに近い?

1027

 暗い情動を鍵盤にぶつけてもピアノが鳴らすのはいつもと変わらない音で。そのことに安心すればよいのか無力感を覚えればよいのか、僕にはまだわからない。

1023

 久しぶりの晴天が本当に嬉しくて、人は天気のことでこんなにもよろこべるものなのかと吃驚した。台風一過の青空は最高です。